だから、あまり変わっていないと思って、「二十日ネズミではなくて、三十日ネズミじゃないのか」というと、はじめて、ハハハ と陽気に笑って、「サラリーマンの妻って、みんな三十日ネズミね。一寸、今の冗談でハズミが出てきたわ。ありがとさん。さようなら:::」こっちは、キツネにつままれたってことだよ。一体、なんのために電話をかけてきたのかわからない。おれが偶然に、電話の傍にいたのでよかったけれど、女房がいたなら 子はどういう話をするのだろうか、助手がいたなら、子供が出たならと考えると、たしかに人生は、ハズミでどうなるかわからないなあと思ってしまったもんだよ。ハズミは育てていくものなのさそういえば、いつか、女房のやっているラジオの人生相談に一週間だけ引っ張り出されたことがあった。その時の相談のひとつにアプリ 出会 を使って、結婚して十年以上経つ人妻が、ふとしたきっかけで、結婚前に恋い慕っていた男と会い、=一ヵ月に一度の割りで、お互いの家庭には内緒で一泊旅行するのだが、まだ、手を握り合うこともないというのだ。「この男性をどう考えればいいでしょうか」と虫のいいことをいうのだ。先ず、女房が答えて、「そんな関係はやめた方がいい」といったんだな。次に、おれが答える番になったんだが、でき「馬鹿な男だね、そいつは:::。おれだったら、関係てるよ」というと、女房は、「男の人のロマンじゃないかしら:::」などというんだなあ、これが。おれは、おかしくなったねえ。男と女が、それも結婚して十年以上経っている二人が、同じ部屋で寝ていて、なにもなくて、それを女は不満に思って相談しかけてくるわけだ。そんなこと、相手になってられるかねえ、実際。ハズミの土台をつくって、ハズミを待っていて、ハズミにならない男のことを相談されても、おれは知らんよ。もっと、ハゲミをもたなきゃいけないんじゃないですかねえといってやりたかったなあ。だが、女ってやつは、ハズミを待ちこがれているのはどういうことなんだろうなあ。ハズミが見えすいている女ほど、いやな女はいないからなあ。おれの行くパーにも四十四、五の女流の 道家の先生が一人で来て、ハズミをつくろうとしているんだなあ。いやだねえ。醜態だよなあ。自分は知性があって、美貌だと思ってやがるんだなあ。上品ぶった言葉使っているくせに、自には淫乱の色うかべているんだよ。ハズミを待つ女は、ハズレを食うということだよ。ハズミというのは、待っていても来ないものなんだよ。

ハズミは、もともとハズミなんだから。「ぁ、こんなふうになってしまった」というのがいいわけで、これが本格的ハズミなんだなあ。子というタレ トはディレクターと、ほんのハズミで結婚したものさ。スタジオの上から、照明機具が 子の頭の上に落ちてきたのを、ディレクターは、身を挺して守ったというだけのことだ。あれがもし、落ちてこなかったなら、二人は結婚していないというわけだ。が、これで、万事うまくいけば、めでたしだが、世の中は、そうはいかないものでねえ。ディレクターは、借金背負って蒸発してしまったんだよ。 子、可京そうに、夫の失綜宜書出して待ってるんだがね、彼の行方はわからない。ハズミで結ばれ、ハズレてしまったケースだよ。どうも、ハズミというのをチャシスと自分で納得して、自分の方から積極的に行く方がいいようだなあ。ハズミを待っていて、さあ、向こうから来ましたといった具合に、消極的になっていくのは、どうも世の中うまく渡れないような気がするんだよ。ハズミを育てていくだけの気力がないと生活出来ないと思うんだよ。恋愛でも、結婚でもねえ。ハズミを入り口にしてハゲミになっていかないことには、世の中面白くも楽しくもないねえ。子のように、振り返って、ああ、新しいハズミが欲しいといってるようじゃ、夢は生まれてこないような気がするなあ。そういう心境でね、人工的ハズミをつくっても、どれもハズレに終わりそうな気がするんだなあ。本当は落ちてるのは自分なん記お嬢さん。あなたたちが、旅に出るというのも、ハズミを期待して行くから駄目なんだよ。ハズミを期待しないで旅に出てこそ、ハズミが生じるわけだよ。旅に、ある期待をもつより、ある目的、目標をしっかりもった方が、素晴らしいハズミがやってくるというものだよ。これは、 の会社勤めにしても同じことだよ。仕事が楽しくて、仕事に目的意識をもった には、いい男性がハズミで生まれるということさ。「あれほど、会社の中で楽しげにやっていて、目的をもっているんだから、家庭に入ればいい女房になるぜ」ということだよ。学生だって、そうだよ。それが、日常生活がつまらないって顔していたら、誰も寄りつかなくなってしまうということじゃないかなあ。「家で、あんな顔された日にや、おれはお手あげだぜ」ということになってしまって、自分を売りそこなうわけだねえ。旅に出て、風景眺めて歩くなら、絵葉書を眺めていた方がいいね。

絵葉書というのは、一番天気のいい日に撮してあるんだから、一番眺めとしてはいいわけだ。よく、パリのドゴ ル空港やオルリ 空港に日本の女性がいるけれども、どうもみんなハズミ期待の風景だけを見物にやって来て、ついでに買い物という六本木や原宿や心斎橋でも出来ることをやっているようなのが多いねえ。つまり、顔がもの欲しげなんだなあ。なにか落ちていないかと、漠然と考えているだけなんだなあ。本当は、落ちているのが自分なんだけれど、いんだなあ。ハズミとハゲミとハズレを、自の化粧をいくらしたって、こないというもんだよ。自分では、そこに気付いていなよく考えてほしいんだなあ。自に輝きがなけりゃ、ハズミの好運はめぐって同情は愛情にならないある週刊誌に結婚詐欺師の話を書いたんだよ。んだ。「男の甘い言葉なんて、あたし、絶対に信用しないわ」というに決まっているわけだな。こんな言葉は、百人いれば百人ともいうものなんだが、実は、そうはいかないってことなんだよ。おれはね、以前、お嬢さん。あんたは、きっと、結婚詐欺にはかからないという自信をもっていると思う4μ2’、母、結婚詐欺と一口にいうけれど、本当は、そういう犯罪はないわけなんだな。「結婚しよう」といって、金銭と肉体を頂くという刑法でいう詐歎 がほとんどだよ。 これは、大変難しいんだなあ。お嬢さんは、おそらく「刑法」とか「民法」とかいうのを知らないと思うわけだが、「結婚しようよ」といって、結局結婚しなかった場合は、民法でいう「結婚不履行」というやつになるわけだよ。民法ってやつは、訴訟にとにかく時間と金がかかるからねえ。意地を通そうと思えば、相当の出費が重なると思わなきゃいけないわけだな。ところで、この結婚詐欺の手口から話してみよう。結婚詐欺師たちが狙う女性は、圧倒的に が多い。その にしても、真面目で、誠実っていうのが多いんだなあ。とくに、会社で退社後にお花の稽古なんかをしているのが多いんだなあ。彼等にいわすと、餌食としては一番いい女だというんだなあ。つまり、お花の稽古をしているというのは、男に飢えていながら、且つ、結婚を誰よりも希んでいるという女が多いそうだよ。自分では認識していなくてもだな、やはり、欲求不満ってわけだよ。花を切り、校を切りという状況で、だ。欲求不満をなんとか埋め合わせているということなんだなあ。「狙いをつけるなら、花束をもっている女だよ」

専門の結婚詐欺師がいうんだから、先ず、間違いはないってことなんだよなあ。お茶、お花というのは、女の欲求不満プラス虚栄心の持ち主が参加するものだと結婚詐欺師たちは考えているわけだな。現代においてだな、免許状というかライセンスを欲しがる女は、みんな性的な欲求不満に囚われているということなんだ。だから、十分に警戒してほしいんだよなあ。結婚詐欺師の人口は、日本列島に約三万人いるというわけなんだ。三万人だよ。(潜在的詐欺人口はこの約数倍)。野球場に五倍から六倍が、ぎっしり詰まった様子を想像してほしいねえ。彼等は、女の貞操と金をいただこうと毎日、目論んでいるわけだよなあ。さんは平均百五十万ぐらいの貯金があると奴等は院んでいるわけなん百五十万から二百万を吐き出させるために、彼等結婚詐欺師たちは、十万円ぐらいを先に投資するわけさ。どんな方法でやるかというと、まあまあ十人並みの器量の女に目をつけるわけなんだなあ。化粧の比較的ドギツグない女に白羽の矢を立てるわけだよ。なぜかというと、化粧の濃い女には、いつも、男がいるっていうことなのさ。だから、思い切った化粧も出来なければ、思い切った服も着られないという、ごく普通の、おしとやかな女が、彼等の餌食になってしまうわけなんだよ。ペラペラ男とむっつりは要注意結婚詐欺師たちは、一般にロがうまいものだ。ベラベラと喋るわけだ。ま、一般に詐歎師って奴は口がうまいものなのさ。男の特徴といえば、二通りあるんじゃないかな。先ず、ひと通り自は、目玉がキョトンとしていて、母性愛をくすぐるような男なんだなあ。「この人に、あたしがついていなければ、大変なことになってしまうじゃないの」というような雰囲気をもっている男なんだよ。年齢は三十前後といって差し支えないねえ。若い女性は、おかしなもので、目が澄み切っていたなら、純情だと勝手に思い込んでいるけれども、実は、そうではないわけなんだなあ。こういう奴が、一番図々しいわけだよ。こういう奴は、なにも知らないのに、自分が如何にも知人が多いといったことを吹聴するわけなんだな。いやになるほど著名人の名を口にしたりするもんだ。大体ね、著名人の名を口にして、自分は如何にも関係が古い、深いという奴は要注意だ。そんな奴にログな奴がいないってことなのさ。口だけ達者で、実はないということなんだよ。もう一種類は、どう見ても野暮なタイプの男なんだよなあ。

「まさか、この人が:::」というタイプの男なんだ。なにを着ても似合わないし、喋らせても、納得するようなこといわないという男なのに、いつの間にか女から、しこたま金を巻き上げてドロンの姿勢を定めているという男が世の中には沢山いるものなんだなあ。お嬢さん、これでわかってもらったと思うけれども、結婚詐歎師というのは、両極端があるということなんだよなあ。一方はベラベラ。一方は陰気で、むっつりということだなあ。こういう明齢、はじめは、とにかく紳士面をするものさ。それに、知識を誰かから得て羽持とうとしているものなんだ。借り衣裳で槍舞台を踏もうとする人聞が多いものなんだよ。それに一獲千金を夢見る性格ともいえるなあ。男の虚栄心のかたまりみたいな奴が多いということなんだ。「自分は、これだけの力をもっているんだぞオ」と、誇示したいために、外観(服装)を着飾ヲたり、言葉もやたらに難解なものを並べたりするわけだが、底をわってみれば、どうしょうもなく浅いわけだ。男から見れば、こういう奴は、実に馬鹿に見えるものなんだが、若い女性から見れば、とても魅力的なんだから、びっくりしてしまうなあ。これはよく考えてみれば、女性は自分の虚栄心を満たすために、どうやら男のいうことを信じてしまうらしいのだ。「ぼくはなんにも出来ないよ、青二才だからね」と、男が謙遜した時、女性は、その男を社会に適応しない青二才みたいに断定してしまうわけなんだなあ。それを反対に、「おれには、こういう知人がいて、こういうことが出来るんだぞ」ということになると、案外、遅しい男だという判定を下してしまうようなんだなあ。女性たるものは、もう少し、男の心理をちゃん・と学んでもらった方がいいような気がして仕方がないわけだ。男の感傷には干渉しないことサ一番困る男は、生まれながらに劣等感をもっている男なんだな。こういう奴が結婚詐歎をしやすい。生まれながらの劣等感というのは、正式に結婚していない男女の聞から生まれた男などがそうだ。いわゆる私生児ってやっかな。こういう男は、まんまと女を騎してしまうケ スとなる。女に同情を得ょうとしてしまうわけなんだ。恥4同情というのは、愛情では決してないわけなんだよ。向性同士の同情は成立しても、異性同士の同情ってやつは、陰気な家づくりに終わってしまうと思うんだ。そりゃ、女の方が陽気で、過去のこと一切を気にしない性格だということです。

男も女も過去を意識しながら、若いのに無言で過ごしていくなんて、これは病気の兆候じゃないかと思うわけだよ。ところが、世の中には、この「同情」を「愛情」と錯覚してしまう女性が多いわけなんだなあ。自分の中に犠牲的精神を強いて、生活の第一歩を踏み出そうとする人がいるんだなあ。これは、やめた方がいいと思うんだよ。女がね、男に同情する時は、もう、愛情の源は干し上がってしまっていると思うわけなんだよ。結婚詐欺師はね、ここのところを、うまく利用して、女の稼ぎを巻き上げようとするものなんだなあ。お嬢さん、くれぐれもいっておくけれども、男の感傷には、あまり干渉しない方,かいいよ。それよりもだな、馬鹿なこといっている男の方が、どれだけ純かわからないんだからね。その点を、未婚のお嬢さんはよく理解してほしいわけだ。過去の傷を祇め合ったりして、なにも立派な未来をひらくものは生まれもしないわけなんだからね。次には、もう少し、具体的に結婚詐欺師たちの手段をお知らせしようと思うわけなんだ。結婚詐欺で食っている奴は、三万いるとして、その一人が女性を平均五人は踊しているのだから、十五万人の女性が泣き寝入りしていることになるわけさ。結婚適齢期の女性の十人に一人は詐歎に遭っている ζとになるわけなんだな。「あたしは大丈夫よ」といっている女性ほど、危ないわけなんだからね。じゃ、彼等の具体的活動方法をいおうか。男の外見は危険だなお嬢さん、男は女がわからないというけれど、女も男がわかっていないのが実状じゃないかと思うんだ。とくに、外見で男を信用するのは、とても危険だな。おかしいのがいるよ。とういうのがあったなあ。大阪での話だが、見合結婚した男性が、おかしな癖をもっていたわけだ。結婚式は終わった。さて、新婚旅行はハワイと決めた。結婚まで、二人は肉体的関係をもっていなかった。羽田を発ったんだ。ホノルル空港に着いた。税闘がある。新郎が、トランクを聞けた。トランクの中には、靴の籍が数個入っていた。「へえ1、ずいぶん靴を持ってきたのね」と、新婦は考えた。ここまでは、倖せだったわけだな。ところが、初夜のベ ド・インとなった。新郎は先にパスを使う。このあた らおかしくなった。新郎の目の色が変わったんだな。なんとなく、彼女を鑑ゲような眼差しなんだ。新婦がバス・ル ムで、可愛いネグリジェに着替えて上がって来て、蓋らいながらベ ドにやってきた。